RENAISSANCE / REBIRTH / QUALITY

畜産への活用事例(養鶏:長野県佐久市)

畜産衛生の活性向上・鶏の生態系の活性化・鶏の免疫向上。鶏の生育向上・鶏卵の品質向上と多産

養鶏(長野県佐久市)

この養鶏場は、 複合発酵技術を採用する前は、 鶏の糞尿の悪臭と猛烈に発生するハエと鶏のストレスによる鳴き声の騒音に悩まされていましたが、今では複合発酵技術のバイオ活性水を使って次のような成果を上げています。

  • 飼育している鶏が健康でストレスがなく、鶏肉・卵が大変においしい。
  • バイオ活性水を鶏に飲用させることで糞尿が酵素糞尿となり、周囲の農家から好評を博す土づくりに役立っている。
  • バイオ活性水を鶏の飲用及び洗浄水に利用することで悪臭が無くなり、 ハエが激減し、 鳥の鳴き声も静かになっている。

現在、 10 万羽の採卵鶏を飼育しており、鶏肉・卵がおいしいと評判で品質が年々向上しており 、6 年連続で売上増を果たし、開業当初計画 した売上目標の 200%以上を達成しています。

ストレスのない鶏
静かでハエの少ない鶏舎
届いたばかりのヒヨコ
黄身が箸で摘まめる生卵