RENAISSANCE / REBIRTH / QUALITY

公共下水処理場への導入事例(武儀町農業集落排水処理場)

既存施設の改善、汚泥、スラッジの抑制
  • 武儀町農業集落排水処理場(㈱日立プラントテクノ)の既存施設にEMBC-FTユニット(本システム)を追加して、実証試験を実施 【図1参照】
  • 実証試験は合計350日間実施、43日目までは従来運転(活性汚泥法による運転)、71日目以降はEMBC-FTユニットを本格稼働させ、両運転時の汚泥総量を比較 【図2参照】
  • 71日目のEMBC-FTユニット稼働以降は汚泥量の増加が著しく低減
実証試験装置の概略フロー図
図1 実証試験装置の概略フロー(武儀町農業集落排水処理場)
図2 処理施設内の汚泥総量の推移(武儀町農業集落排水処理場)