RENAISSANCE / REBIRTH / QUALITY

公共下水処理場への導入事例(一覧)

日本国内の4か所で既存の汚水処理施設(農業集落排水処理場や終末処理場)を対象に本システムの導入事例
飯山市常盤第1処理場
三島市長伏終末処理場

以下の効果確認のために、実証試験を行っています。

  • 処理水質の向上
  • 余剰汚泥の不発生
  • 悪臭の低減
  • 大腸菌、糸状菌・病原菌・ウィルスの抑制

導入事例と実証試験期間


施設処理方式汚水処理量実証実験期間
1長野県飯山市 常盤第1処理場生物膜法360m3/日2000年2月~
2岐阜県武儀町農業集落排水処理場(㈱日立プラントテクノ)活性汚泥法200m3/日2002年10月~2003年8月
3新潟県鹿瀬町日出地区農業集落排水処理場活性汚泥法150~200m3/日2003年4月~2005年4月
4三島市長伏終末処理場活性汚泥法26,960m3/日1995年11月~1996年5月